バルコニータイルには、様々なデザインやカラーがありますので組み合わせによるバリエーションが豊富です。そのため、組み合わせを工夫することでオリジナリティ溢れる空間を演出できます。

タイル自体、耐水や耐火や耐候や耐久性のある建材ですので、掃除も簡単で家事の時間を節約できます。



また、劣化や退色や破損などによる補修も、その部分だけですみます。

そのため、長期間だとランニングコストの面で有利になります。

タイルは燃えにくい素材で危険な煙も出難いので、火災などの時にも他の建材に比べて安全性が高いのが特徴です。



バルコニータイルは、自分で施工できます。ホームセンターなどで販売されていますので、購入してできます。

自分で施工すると、業者に依頼するよりも格安で施工可能です。プロの業者に依頼する場合、20万円から30万円ほどのお金が掛かりますが、複雑な形の場所などの難しいタイルカット施工を丁寧に行ってくれるというメリットがあります。


専用機材を使って職人の技術でカットしますので、仕上がりも綺麗になって隙間もなく施工できます。

また、バルコニータイルは重量がありますので搬入だけでもかなりの重労働になりますが、プロの手際の良い搬入によって時間を節約することもできます。



他にも、台風などの災害時や強風などによってタイルが外へ飛散して事故が起きた場合に、施工責任を問われることになりますが業者に依頼することで施工責任は業者にあることになります。

業者は賠償保険に加入していますので、万が一の時にも安心です。

保険に加入していない業者も中にはいますので、依頼する前に確認しておきましょう。